ドローンによる画像と、AIを駆使して農作物を守る

Skysenseは、自律飛行ドローンを使い撮影したデータをもとに、病害や、雑草をいち早く検知し、農作物の被害を最小限に抑える支援をします。

ストレス、病害、生長のモニタリング

作物のストレスマップ
品質低下につながる作物のストレスを回避できます。作物から反射される人間の目には見えない近赤外線に基づいてストレスを計測します。
作物の病害箇所の検知
どの位置で作物に病害が発生しているかをGoogle Mapsで閲覧できるため、病害が拡大して収穫量に影響が出る前に速やかに対処することができます。
各作物の生長率
AIベースで作物の数を数えたり、生長をモニタリングすることが可能です。生長に問題がある場合、問題をいち早く検知し収穫量を最大化したり、植物の表現形を判定したりすることができます。

機能

自律飛行ドローン
4Kカメラとマルチスペクトルセンサーを搭載したドローンが自動操縦で飛行し、農場全体をマップ化します。
AIを利用してデータ処理
最先端のAIが撮影データを処理。植物、雑草、病害、その他の問題を識別し、発生状況(数量)を可視化します。
すぐに利用可能な結果
AIによって解析された結果は、インタラクティブなマップ上にすぐに表示されます。メンバー間で共有もでき、その情報をもとに効率的に作業を行うことができます。

植物を数える

AIをベースに、特定の植物を検知して数量を測ることが可能です。植物と雑草の数をそれぞれ数え、植物の生長をモニタリングしていきます。モニタリングすることで、被害が発生した際、どのタイミングで被害が発生したのか、原因を見つけ出すサポートにもなります。

病害を探し出す

植物の健康状態を分類する指標NDVI(Normalized Difference Vegetation Index)に基づき、植物の病害を具体的に分類します。これは低高度飛行のドローンとAIを掛け合わせることで、実現可能となります。ドローンには、ハイパースペクトルカメラが装備されているので、病害を検知する精度が高いのが特徴です。

マップとの連携

撮影画像の情報がインタラクティブに農地マップで確認ができるため、メンバーは、作業の優先順位付けや、農薬噴霧の最適化のほか、実験の評価にまで利用することができます。

健康状態をモニタリング

標準的なRGBカメラ(VARI)と、人間の目には見えない近赤外線を捉えるマルチスペクトルカメラから生成される画像を重ね合わせることで、植物のストレス状態を早期に見分けることができます。

サーフェイスモデルを生成

畑などの農地を3Dマップ化する高精度のサーフェイスモデルを使い、水が流れる場所を把握するため、灌漑量の調整をすることができます。

お問い合わせはお気軽に!

デモのご依頼のほか、お客様独自の事例をお聞かせください。あらゆる作物に対応いたします。Skysenseは、ドローン、画像解析、AIを掛け合わせ、お客様の事業改善に貢献いたします。Skysenseは、お客様の課題に対して情熱を持って共に解決いたします。ドローンやカメラの選定から、カスタム可能なAIの開発まで、すべて細やかに対応いたします。

Skysenseチームは、それぞれのお客様の問題を情熱を持ってともに解決いたします。規制や機器の選定からカスタムの画像アノテーションが可能な事前学習済みの深層学習アルゴリズムの開発まで、すべての細部を担当いたします。

お問い合わせ

ニーズに合ったホスティング

クラウドホスティング
クラウドでホストされたソリューションを利用し、どこからでもドローンで撮影した情報をアップロードすることができます。また、リアルタイムでチームともその情報が載ったマップを共有することが可能です。
オンプレミス
お客様の施設内にホスティングされたカスタム処理ハードウェアによって、インターネットの速度が原因で遅延することなく迅速に結果を確認することができます(クローズドβ版)。

Skysenseの強み

Skysenseは世界で初めて、AIをベースに、農作物を診断する技術を日本で展開しています。

著名な投資家からのご支援や、AIやプログラミングの技術力を活かし、作物のストレスマップ化、作物の病害検知、収量の予測、雑草や灌漑の管理など、お客様のニーズに合わせたサポート機能を備えたソリューションを展開しています。

Skysenseの技術を活用して、今期収穫量の向上を目指しませんか?

利用開始